相続の問題について

相続について

人が亡くなったときから相続は始まります。亡くなった方の財産をその人の配偶者や子などの、主に近親者が受け継ぐのが相続です。

遺産分割について

相続人が一人だけであれば、被相続人の財産はすべて一人に受け継がれますが、相続人が複数いる場合は、遺産を分けることになります。

遺言について

遺言書を残すことによって、後々の相続人による遺産分割を巡るトラブルを避けることができます。

 

遺留分について

被相続人の遺産を一定の相続人(民法で定められている)が、最低限相続できる遺産をいいます。

 

相続放棄について

被相続人に借金があり、負債が多い場合には、遺産の相続を放棄することもできます。

お気軽に無料相談をご利用ください。

相続は、人が亡くなったときから開始するものですので、誰もが通る道といえます。しかし、初めてのことで何から取り組めば良いのか、検討がつかずに悩まれている方が多くいらっしゃいます。話を聞いてもらうだけで心が晴れることもありますし、きっと何かお力になることができるはずです。

当事務所では、経験豊富な3人の弁護士が、必ず満足いただけるように親身に問題に取り組みます。どんなに難解に見える問題でも、一つひとつ問題点をほぐしていけば、必ず解決法は見つかります。

一人で悩まず、まずは一度ご相談ください。