相続について

相続の説明

人が亡くなったときから相続は始まります。亡くなった方の財産をその人の配偶者や子などの、主に近親者が受け継ぐのが相続です。
人が亡くなるということには、法律上の死亡である「失踪宣告」や、死亡したのは確実であるが遺体が見つからない場合の「認定死亡」も含まれます。その亡くなった方のことを“被相続人”と呼びます。そして、被相続人の財産を受け継ぐ人を“相続人”と呼びます。
被相続人が遺言を残していた場合は、その遺言にのっとって相続をする「遺言相続」、遺言がない場合は法律で定められた財産の分配ルールに従って遺産分割をする「法定相続」となります。
原則として、遺言相続が法定相続よりも優先されます。なぜならば本来、財産は自分の意思で自由に遺したり処分したりできるものだからです。

ただし、被相続人がこれを定めずに亡くなった場合、残された家族にとってその配分を決める基準がないと、分配が難しくなるため、妥当な分配ルールを民法で定めているのです。

現代は、戦前のような長子相続はありません。男女、兄妹すべてが公平を期すための制度が法律で決まっています。
また、たとえば兄妹のどちらかだけに生前贈与があったにも関わらず、相続時に兄妹平等に財産を分配してしまうと生前贈与を受け取らなかった側が不公平となってしまいます。そのような不公平が起こらないように、相続を行う必要があります。
法律は、すべての人を公平にするためにつくられているのです。

相続人の範囲

被相続人が遺言を残していない場合に、民法で定められている法定相続人の範囲について説明します。
配偶者と直系卑属、直系尊属、兄弟・姉妹が法定相続人にあたります。配偶者は法律上の婚姻関係にある人で、内縁関係については相続権がありません。

直系卑属は子、孫、ひ孫のことです。子は養子縁組した養子や、ほかの家に養子に出した実子、胎児も含まれます。
非嫡出子は、認知されていれば含まれます。ただし、連れ子がいる再婚で、再婚相手が亡くなったとしても、その連れ子は相続人にはなりません。直系尊属は父母、祖父母のことです。

被相続人の配偶者は常に法定相続人です。第一順位は直系卑属である子(子が亡くなっている場合は孫、子も孫も亡くなっている場合はひ孫)、第二順位が直系尊属である父母(父母が亡くなっている場合は祖父母)、第三順位が兄弟・姉妹(兄弟・姉妹が亡くなっている場合は甥・姪)となります。

まず、前述の通り配偶者は常に法定相続人です。さらに、第一順位である直系卑属がいる場合は、直系卑属が相続人となります。
もし第一順位が全くいない場合は、第二順位である直系尊属が相続人となります。
また、もし第一順位も第二順位も全くいない場合には、第三順位である兄弟・姉妹が相続人になります。したがって、違う順位の相続人が同時に法定相続人になることはありません。

相続の対象となる物

財産には、積極財産と消極財産があります。

積極財産とはプラスの財産、たとえば不動産、預貯金、動産(家財や宝石、骨董品ほか)、株など、金銭的な価値のあるものすべてです。
消極財産とはマイナスの財産、いわゆる金銭債務です。
例外として、墓石や仏壇、位牌などは相続の対象とはなりません。プラスの財産とマイナスの財産すべてが相続の対象となります。