遺産分割について

遺産分割について

被相続人の遺産を相続人が分けることです。相続人が一人だけであれば、被相続人の財産はすべて一人に受け継がれますが、相続人が複数いる場合そうはいきません。
基本的には、遺言がない場合は相続人同士の話し合いで自由に遺産分割ができますが、その場合に主張できる割合が民法で定められています。

相続人が配偶者と直系卑属の場合は、それぞれが2分の1ずつを持ちます。子が複数の場合は、その2分の1を均等に分割します。
相続人が配偶者と直系尊属の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を持ちます。父母が健在の場合は3分の1を均等に分割します。
相続人が配偶者と兄弟・姉妹の場合は配偶者が4分の3、兄弟・姉妹が4分の1を持ちます。兄弟・姉妹が複数の場合は4分の1を均等に分割します。

遺産分割の方法

遺言書がある場合は、その遺言により遺産分割を行います。
遺言書がない場合は、遺産分割協議を行います。被相続人の残した財産を積極財産も消極財産も含め、どれだけあるかを把握し、どの相続人が何を、どれくらい相続するかを決定していきます。この場合に法定相続が分配ルールとして使用されます。
また、遺言に指定のない財産がある場合も、相続人の話し合いで分割方法を決めなければなりません。特に土地は“一物三価”といわれるように、価値を定めるのが非常に難しく、複雑です。

遺産分割協議は、相続人全員の合意が定められています。相続人の一人でも合意がなければ、その協議は無効となります。ですから、非相続人の出生から死亡までの戸籍などをもれなく取り寄せ、相続人を明らかにする必要があります。相続人の中に行方不明者がいる場合は家庭裁判所への申し立てが必要となります。
遺産分割は主に3つの方法があります。一つは現物分割といって、たとえば土地と家は配偶者、預貯金は息子に、といった形で、預貯金、家具、骨董品、宝石などの動産など一つひとつを現物で分配する方法。次に、換価分割といって、不動産(誰も住まなくなった家、使わない土地など)などを現金に換価してその現金を相続人で分割する方法。3つ目は、代償分割といって、相続人の一人がその相続分を超える財産(家・土地など)を現物で相続した場合、ほかの相続人にその財産の価格分を支払うという方法があります。

相続人全員で話し合った結果、それが法定相続通りでなかったとしても、もちろんその遺産分割は有効となります。
遺産分割協議は相続人全員での合意で成立し、原則としてやり直すことはできません。