相続放棄

相続放棄について

相続とは被相続人の財産のすべてを引き継ぐことです。不動産、預貯金などの積極財産のみならず、金銭債務などの消極財産も含め、すべてが引き継がれます。相続が開始してから3カ月以内に何もしなければ、「単純承認」とされ、財産のすべてが相続人に引き継がれることになります。

ただし、家庭裁判所に申し立てをすることにより、相続のすべてを放棄することができます。理由は遺産の中で消極財産が明らかに多い場合や、生前にたくさん受け取っているからなど、それぞれですが、相続の開始を知ったときから3カ月以内に理由を添えて家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。

この手続きを、相続放棄の申述といいます。この申述が受理されて初めて、相続を放棄することができます。これは、相続人個々の判断で個別に行うことができます。
相続放棄を行うと、遺留分の権利も認められなくなります。

限定承認について

積極財産と消極財産の両方があって、どちらが多いか分からない場合などに、限定承認という方法があります。これは積極財産の範囲に限定して相続することができるというものです。
たとえば、消極財産が100万円、積極財産が500万円だった場合、消極財産を積極財産から弁済し、残りの400万円を相続人で相続することができます。

逆に、消極財産が積極財産を上回る場合は、これを相続しなくても構いません。
これも、相続の開始を知ったときから3カ月以内に家庭裁判所に申し立てをしなければいけません。
また、限定承認をするには、相続人全員で家庭裁判所に申し立てなければいけません。

3カ月を経過した相続放棄

基本的には、相続の開始を知ったときから3カ月以内というのが原則ですが、たとえば、消極財産があるのを知らなかった場合、初めて知ったそのときから3カ月以内は認められるケースもあります。
さまざまな案件があるので、あきらめないですぐに相談してみてください。
ただし、相続人として被相続人の財産を受け取ったり処分したりした場合は「単純承認」したとみなされ、相続放棄が認められなくなります。